読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デザインダイアローグコペンハーゲン

デンマークのコペンハーゲンでのデザイン留学の日々について書いています

コペンハーゲンからストックホルムへ0泊3日旅行

旅行

デンマーク滞在も残り少し。最後の旅行という事でストックホルムに行って来ました。これで、オスロ、ストックホルム、ヘルシンキと、北欧四カ国の首都を制覇です。

コペンハーゲンからオスロまでの行き方としては、バス、電車、飛行機があります。飛行機も前々から予約しておけばそれなりに安い値段で乗れるようですが、直前という事であれば、バスか電車が選択肢になります。私は今回、行きはバス、帰りは電車をチョイスしました。

コペンハーゲンからストックホルム行きのバスはコペンハーゲン中央駅の南側にあるバス乗り場から21時10分に出ています。ストックホルム着は朝の6時過ぎなので、9時間ばかりの旅路になります。

ストックホルム中央駅の様子。早朝なので真っ暗です。寒い。

有り難いことに中央駅の中のスターバックスが営業していたので、町が動き出すまで仕事をすることにしました。

その後、行ったのはヴァーサ博物館と呼ばれる施設。ここは400年前の戦艦ヴァーサ号がそのまま保存されている博物館です。

ヴァーサ号については下記のサイトを見て頂くのが良いかもしれない。

wired.jp

次に向かったのは市庁舎。

ここはノーベル賞授与式のバンケットが行われるという事で有名です。市庁舎の中に入るためにはガイドツアーに参加する必要があり、ツアーは一時間に一回のペースで行われて居ます。

ランチには、こちらのブログで紹介されているニシンのフライをいただきました。

miatravel.jp

その後は、ノーベル賞博物館へ。と言ってもここはそれほど特筆すべきものは無いかな。名物はノーベル賞晩餐会で出されるアイスクリーム。晩餐会で出されるものと同じ、ってだけで特別美味しいというわけではないのだけど。

その後は、ストックホルム名物の円形図書館に行ったりして帰路につきます。

1日あれば早足とは言え主要なスポットを回れるのもストックホルムの良いところですね。

帰りはストックホルム駅を23:09発、マルモ乗り換えでコペンハーゲンに8時前に到着する電車で。

寝台車は3段ベッドでした。そんなに広いわけじゃないけれど、横になれるのは良いですね。バスよりも楽かも知れません。

と言うことで無事にコペンハーゲンに帰って来ました。コペンハーゲンとストックホルム、同じ北欧とはいえ似てる場所もあれば違う場所もあって色々面白い。そして個人的にはやはりコペンハーゲンが好きだな等と思ったのでした。

人はお得感に弱い

スタートアップ デザイン ビジネス

Food

デンマークで何か面白いものはあった?というのは日本に戻って来てよく聞かれます。正直なところ、デンマーク見聞きしたものの大半は私に取って新しく、大変面白い物なのですが、その中でもひとつ紹介するとすれば、TooGoodToGoかなと思います。これはデンマークの企業が行っているアプリで、このブログでも過去に何度か紹介しています。

ddcph.hatenablog.com

ddcph.hatenablog.com

このサービスを改めて簡単に紹介すると、レストラン閉店時に残った料理と、消費者をマッチングするアプリです。レストラン側としては残った料理をマネタイズすることが出来るうえに食料廃棄も減らす事ができますし、消費者としては安く料理を手に入れる事が出来るうえに、食料廃棄の削減に貢献する事ができます。

上記のような事情ですから、コペンハーゲンでは多くの人がTooGoodToGoを利用しておりまして、少なくとも我々CIIDの学生の間ではほぼ全員が愛用していると言っても過言ではないほどの必須アプリとなっていました。

ところが、まわりの学生に話を聞いてみても、食料廃棄の削減に貢献するためにアプリを使っているという人はほとんど居ません。もちろん彼らとしても自分の行動が食料廃棄削減につながっているという事は意識しているものの、アプリを使う目的としては安く食べ物を手に入れると言うことなわけで、当たり前だと言ってしまえば当たり前かもしれませんが、これって非常に面白い事だと感じました。

日本でも、お米を残すとお百姓さんに怒られるだとか、アフリカでは子供が飢えに苦しんでるから食べ物を残すなだとか、食事を残す人に対して様々な方法で諭し合いますし、食料を無駄にしてはいけないというのは皆、頭の中ではわかっています。この状況というのは日本に限った事ではなく、デンマークやヨーロッパでも似たような状況なわけですが個々人が食料廃棄削減に対して積極的な行動を取っているかというと決してそうではなく、むしろデンマーク人は日本人以上に躊躇無く食材を廃棄している印象すらあります。

だけれど、食料廃棄削減に貢献することがオトクにつながるようにサービスをデザインする事によって、結果的に多くの人が積極的に食料廃棄削減に貢献しようとするわけで大変うまくデザインされているなぁと感じます。実際、TooGoodToGoのサイトを見ても、安く美味しい料理が手に入る事を全面に打ち出して居るんですよね。

そういえば、この種の社会貢献的な企業で思い出すものにWarby Parkerがあります。

www.warbyparker.com

彼らは彼らのメガネが売れた個数に応じて、売上の中から途上国に寄付を行っているんですよね。これ自体は大変価値のある事ですし彼らのビジネスの仕組みとしても大変うまくデザインされています。しかしながらこれはWarby Pakerでメガネを購入する多くの方が知っている事でありながらも、彼らがここでメガネを購入する理由ってそこには無く、価格が安い事であったり利便性だったりします。

こういった形で社会や環境に貢献する企業は既に色々とあるわけです。だけど今後さらに様々な業態で出てくるでしょうし、こういった形でのブランディング手法、マーケティング手法が重要視されて行くのかもなと思います。

エキシビジョンについて

CIID ファイナルプロジェクト

日本に帰って来て約一ヶ月が経ちました。ファイナルプロジェクト期間中は忙しくてブログどころじゃなかったのですが、帰国後落ち着きはじめましたので、ブログを再開して留学を徐々に振り返ったり、デザインに関して思うところを書いていこうかなと思っています。

さて、CIIDでは卒業式のあとにエキシビジョンという物が開催されます。エキシビジョンとは日本語にすれば展示会でしょうか。卒業制作として作成したものを、外部の方に見て頂く機会があるわけです。

金曜日と土曜日の二日間、普段我々が教室として使用しているスペースが展示会場に早変わりし、多くのお客様がいらっしゃいました。ちゃんと数えたわけではないけれど、1000人近い人が来てくださったんじゃないかな。

面白いなと思うのは、エキシビジョンの受付にて来訪者に目的を伺って、わかるようにシールを貼ってもらうシステムになっていると言うこと。シールの種類は下記のような感じ。

  • OB/OG
  • デザインに興味がある
  • リクルーティング

つまり、展示している側からすれば、その方が貼っているシールを見れば、OBOGなのか、リクルータなのか、一般の方なのかがわかる仕組みなのです。これは非常に良い仕組みだなと思いました。

自分たちが作ったモノの説明をするのはもちろんとしても、対象が一般の方なのか、リクルータなのかによって、説明の仕方やアピールの仕方が異なって来ますものね。

ちなみに展示の様子は下記のような感じ。私自身が暇な時を見計らって写真を撮影したので、人がまばらであるように見えますが、混雑時は文字通り人でごった返していました。

私自信も、自分のプロダクトについて多くの方に説明していただきましたが、自分自信でも面白いなと思うのは、多くの人と話をするにつれて、話の展開の仕方がこなれて行くというか、こういう風に話をすればウケるというのが見えて来るんですよね。なるほどやはり人と話をすることは大事なんだなぁ。

卒業しました

CIID

しばらく更新が滞っておりましたが私は元気です。忙しくてあまり更新も出来ませんでしたが、ファイナルプロジェクトも、卒業試験も、卒業式も、そしてエキシビジョンも終わっており1年間のCIID生活が無事に終了しました。1年間というと結構長い時間であるようにも思うのですが、この1年間を振り返って見ると、本当に、あっという間の1年だったという表現がとてもしっくり来るように思います。

とりあえずしばし休養を取りつつ、今週末には日本への引っ越しを予定しているのでその準備を進めたいと思います。

ハロウィンなのでカボチャを掘ります

日記

ハロウィンと言えばカボチャと言うことで、スーパーの店頭には大きなカボチャが並び始めます。みんなでカボチャを掘るよ!ただし自分のカボチャは自分で持ってきてね!って言う楽しいイベントが開催される事になったので、私もカボチャを買って学校に向かいます。

ちなみにこのカボチャ35DKKでした。500円ちょっとかな。さすがに自転車で運ぶ事は出来ないので、Uberに頼る事に。膝の上に乗せたのですが大きさがわかるかと思います。

学校についてコーラの缶と比較するとこんな感じ。

みんなが集まったところで、ひたすら掘り進めて行きます。

まずは、頭をくり抜きます。

くり抜いたあとは、手を突っ込んで中のタネだとかを取り除いて綺麗にします。

そしてあとは顔を切り抜いていきます。

完成してキャンドルを突っ込んだところがこちら。

みんなが作ったものを並べます。綺麗。

 

IDFA2016にNews Globusを出展します

自分のこと プロジェクト

f:id:mikio-k:20161023082213p:plain

オランダのアムステルダムで開催されるInternational Documentary Film Festival Amsterdam(IDFA) 2016と言うイベントに、以前作成したNews Globusと言う作品を招待頂いたので、出展させて頂く事にしました。

ddcph.hatenablog.com

今回、先方から招待されてはじめてIDFAと言うイベントを知ったのだけれど、wikipedia先生によると世界で最大のドキュメンタリーフィルムに関するお祭りらしく、開催期間は約10日間で、その間に約10万人もの人が訪れると言うから結構な規模のイベントです。

International Documentary Film Festival Amsterdam - Wikipedia

Maker Faire Tokyoでさえ来場者数は1万5000人程度とのことなので、いかに大きなイベントであるかと言うことがわかるかと思います。こういったイベントに招待して頂けると言う事は大変名誉な事であるし、作った作品を展示するせっかくの機会でもあるわけです。

イベント自体は映像に関するお祭りですから、映像が主役なわけですが、メディアの新しい可能性を探るという視点から、いわゆるメディア・アート作品の展示も行っているようで、世界中の気になるアート作品にコンタクトを取っているようなのですが、対して露出もしていない我々の作品をよくぞ見つけてくれたなと言う驚きでいっぱいです。

ということで11月の16日から27日まで、アムステルダムにて展示を行って居りますので、アムステルダム近郊にお越しの方は是非、私の展示に立ち寄って頂ければ幸いです。

まぁ、問題は出展に向けて長時間安定して動作するようにしたりだとか、見栄えをもう少し良くしたりだとか、色々手直しをしなければならないと言う事で、今必死に改造していて、これが果たして間に合うかと言う点でもあるのですが。

ローマ観光

旅行

Maker Faireを見たあとはローマ市内に戻り少し観光を。とは言え、時間も結構遅いので観光地などは閉まっているところが多く、外から見えるところがメイン。

ジェラートを食べたりとか。晩御飯はパスタです。

そして食後のオヤツにまたジェラート。

その後予約していたホステルに。

私の上のベッドの人がMaker fair出展者なので色々と話を聞いておりました。彼はミラノにある某メーカーで電気系のエンジニアをやっているんだけど、趣味でモノ作りをしていて、今回はそれを出展しに来たとのこと。

ちなみに、私も以前東京のMaker Fairに出展していた事があるので、Makerトークをしていたのですが、子供は怖い、俺たちが想像して居なかった動きをする。と言う点で盛り上がるとは予想外でした。こればかりは世界共通なんだろうなぁ。