読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デザインダイアローグコペンハーゲン

デンマークのコペンハーゲンでのデザイン留学の日々について書いています

引き続きインタビューを

Cafe

現在までに累計6人の方々にご協力して頂き、引き続きインタビューを行っています。このようなデザインリサーチの際に気をつけるべき事は、なるべく異なる属性の人にインタビューをお願いすると言うこと。

例えば同じ年代、同じ性別、同じ家族構成で同じような人生を歩んできた方にお話を伺っても、もちろん完全に同じでは無いでしょうが、そこまで大きな違いと言うのが現れない可能性が高いわけです。

それよりは、違う年代だったり、男女のバランスだったり、異なる家族構成だったり、なるべく異なる人にインタビューをお願いするように心がけます。

例えば今回、インタビューさせて頂いたなかで、子供を持つ親御さんという立場の方がいらっしゃいました。子供が居る家庭においては物事の中心が子供のことになりがちですから、一人暮らしの方とくらべて、生活スタイルは大きく異なってくる事は想像に難くないかと思います。

また、年代、例えば20歳の方と、30歳の方、40歳の方においても、ジェネレーションギャップと言いますか、コンピュータやスマートフォン、その他の技術に関する接し方が異なっており、どれが良い、悪いというわけでは決して無いのですが、例えばカメラというものに対しても微妙に異なる考えや接し方があり、非常に興味深いなと思うわけです。

そして様々な属性を持つ方にインタビューさせていただく傍ら、エクストリームユーザへのインタビューも試みます。エクストリームユーザと言うのは、普通のユーザとは異なる極端なユーザのことです。例えば、平均的なのユーザが月に数十枚程度の写真を撮るとして、1000枚以上の写真を撮る人であったり、またはそもそもカメラを全然使わないという人が、エクストリームユーザの例となるでしょうか。

そういう方を見つけるのは大変かも知れませんが、彼らの話を伺い、どのような考えを持ち、どのようにカメラと接しているかを知る事で、新たなインスピレーションを得て、アイディアのネタとなる事が多くあります。

このように、デザインリサーチに置いては、一般的なユーザにインタビューを行って、多くのユーザがどのような考えを持っているかを知ると同時に、エクストリームユーザにもインタビューをおこなう、というスタイルが重要になってきます。