読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デザインダイアローグコペンハーゲン

デンマークのコペンハーゲンでのデザイン留学の日々について書いています

コペンハーゲンでラーメンを

コペンハーゲンIT大学の上平先生(@peru_g13)から、コペンハーゲンで美味しいラーメンを食べられる店があると教えて頂いたので早速行って来ました。そのラーメン屋さんの名前は、RAMEN TO BÍIRU(ラーメンとビール)と言う名前。

Ramen To Bíiru – Mikkeller

オープンから日があまり経っていないせいか日本語の記事はあまりないのだけれど、下記ふたつの記事によると12月5日にオープンしたばかりにお店のようだ。

地ビールのミッケラーが首都にラーメン店 | 世界のビジネスニュース(通商弘報) - ジェトロ

ミッケラー、イヤマへのインタビューから感じとれること

さて、ミッケラーと言えば世界的に有名なデンマークのブリュワリーで、昨年夏には日本にミッケラー東京と呼ばれるビールバーをオープンさせた事でも記憶に新しい。

hokuwalk.com

ところで上記の記事にこんな記載がある。

さらに、ラーメンが好きだというミッケル氏に、ラーメン店のオープン予定は?とジョークまじりに突っ込んでみると、実はプロジェクトがすでにひっそりと動いているとか!(ラーメンにぴったりのビールをぜひ作ってください!)

ここで触れられているプロジェクトと言うのが、実はこのラーメン屋さんのことだったのかな?と思ったり。

さらに下記のような言う記載もあり、期待は高まるばかりである。

コペンハーゲンでのラーメン屋の経営方針について「徹底して日本のやり方を貫く」と断言していることにも納得がいく。

さて、このラーメン屋に関する予備知識はこれぐらいで、実際に行ってきた話をしたいと思う。まず、お店の外観は下記のような感じ。建物自体はコペンハーゲンにある典型的なものだけれど、窓ガラスに日本語で「らーめんとビール」と書かれているのが可愛らしい。

中に入るとこのような垂れ幕が迎えてくれる。

システムとしてはまず券売機でラーメンの券を購入する形のようだ。いかにも日本のラーメン屋さんっぽい。ラーメンのメニューは、塩、醤油、味噌がある。味噌は辛さが選べる様になっている。値段は塩と醤油が90DKKなので、約1600円と言ったところだろうか。味噌は95DKKなので1700円ぐらいで少し高い。ただし、味噌は玉子が載っているとのことであった。

ビールのメニューも豊富である。中でも気になるのはラーメンビール(50DKK)であろうか。実はミッケラーと言うブリュワリーは、かなり特殊なブリュワリーでもある。下記のWebサイトでも紹介されているように、2006年の設立でありながら手がけたビールはこれまで600種類以上。そして世界中の有名レストランのために、オリジナルビールの提供まで行って居るのです。

www.mikkeller.jp

ということはこれ以上の説明は必要なく、これはミッケラーが、このラーメン屋のためだけに作ったビールと言うことになる。これはビール好きな方は、必飲でないかと思う。

さて券売機で選択したチケットをレジに持って行き精算し、しばらく待つとラーメンが運ばれてくる。私が注文したのは醤油ラーメンであった。

私の好みからすつろ、ちょっと味が濃いかな?とも思うものの、日本のラーメン屋さんで出てきても違和感の無い味であった。ただ、1杯1600円と言う値段を考えると、そこまで頻繁には通えないかな、とも。もちろんコペンハーゲンの物価を考えると決して高いわけではないし、ハンバーガのセットが70DKK(1200円ぐらい)することを考えると、こんなもんかなとも思う値段設定ではあるのだけれど。